TWBはお客様の「使いやすい」を実現するシステム会社です

開発の流れ

HOME > 開発の流れ

システムのご依頼から保守までの流れ

01

具体的なニーズのヒアリング

システム化対象業務の内容、システムへの要求事項、顧客の同業他社のシステム化動向、運用開始時期、開発
予算、開発組織等を確認する。

  1. プロダクトマネージャー・ディレクター
02

システムの企画・提案

お客様の課題を解決するシステム企画案(システム化方式、開発概算費用、開発期間、開発体制等々)、費用対効果等を
提案します。
この提案を数回繰り返すことにより、お客様の疑問、不安を解消しながら、提案および見積の内容を固めていくと同時に
お客様との信頼関係を築いていきます。

  1. プロダクトマネージャー・ディレクター
03

見積・ご契約

詳細見積(開発費用、開発期間、品質目標、納期等々)を提示し、お客様の承諾を得ることができれば受注となり、
契約書を取り交わします。

  1. プロダクトマネージャー・ディレクター
04

要件定義

システム化する業務(コンピューターに仕事をさせる業務)、システムが備えておくべき機能、性能などを定義します。

  1. プロダクトマネージャー・ディレクター
05

設計(基本設計、パッケージ設計、プログラム設計)

システム化する業務(コンピューターに仕事をさせる業務)、システムが備えておくべき機能、性能などを定義します。

  1. チーフSE
06

プログラム開発

プログラム設計書の内容をコンピューターが処理可能な言語(Java、C等々)でコード化します。

  1. PGスタッフ
07

テスト(単体テスト、統合テスト、システムテスト)

プログラム設計書の内容をコンピューターが処理可能な言語(Java、C等々)でコード化します。

  1. プロダクトマネージャー・ディレクター
  2. チーフSE
  3. PGスタッフ
08

運用テスト

お客様が実際に使用する実務データに基づき、システムが要求通りに動作するかを検証します。

  1. プロダクトマネージャー・ディレクター
  2. チーフSE
09

納品

運用テストの結果、実運用に移行しても良いという判断が出た時に、成果物(設計書、プログラム、運用マニュアル等)
をお客様に納品します。

  1. プロダクトマネージャー・ディレクター
10

保守(メンテナンス)

障害への対応やお客様からの追加要望(機能追加)などに対応します。
機能追加の際は、ここまでの流れを繰り返し、開発を行います。

  1. プロダクトマネージャー・ディレクター
  2. PGスタッフ